« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木曜日)

ティラミスモナカ

ティラミスモナカ
(笑)なんとなくティラミスだ

すごいな〜って思う事は この価格で なんとなくティラミスの味になってしまうって事

すごいと思いつつも脅威だったりもする

わざわざケーキ屋に行かなくても それなりのものが食べれる時代なんだね〜
怖い怖い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水曜日)

カルピスアイスバー巨峰

カルピスアイスバー巨峰
相変わらず食してはいるものの記事にするのは久しぶりですね

ってな訳で今回は
カルピスアイスバー巨峰です

一口食べた瞬間からカルピス!まさにカルピス!
カルピスと言っても自分で作るカルピスですよ 濃いいんです
すばらしい!

カルピスウオーターはなんだったんだ…って愕然とするほど濃いめです
また明日食べようっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木曜日)

星が綺麗な釣り納め

社会人になって初のクリスマスに休みって事に急遽なりまして 風もないし暖かいしで夜釣り決定に至った訳です

あ…さっき流れ星見たよ 人生初の(笑)

しかし 暖かいと言ってもこれだけ外に居れば冷える訳で…マックで休憩♪
さてさて
明日…ってか今日か
ケーキ作ってのんびりしますかね

もぅ少し釣りしてからだけど(*^o^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水曜日)

コメントを承認制にしました

こんばんは 細かいお知らせを2つほど

まず1つ目:コメントを承認制にさせて頂きました。

なので「あれー?」ポチポチポチ・・・・・・とコメント連打することが無いようにお気をつけくださいませ。気長にお待ちください 

2つ目: 支払いをすっかり忘れてしまい続けたおかげでHPの方が見れなくなります。・・・もしくはなってますw

もぉ無いお店のHPなんて別にいらないよね?^^;個人的にはいらないっすw だもんで解約の手続きしなくっちゃなはずなんだけど ほっときゃいっかw

なんだかんだ年末は忙しいですな

皆様も忙しいとは思いますが てけとーにがんばりましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金曜日)

森永製菓にクレームを入れてみた

こんにちは うおずみです。

最近ハマっている森永製菓販売の「おいしい小豆もなか」についてのクレーム・・・と言うか調べてほしかっただけなんだけどねw

なにをか?と言うと

昨日 いつものようにアイスを買って食べてみると もなかの7割以上がシケシケだったんですよ。パリパリ皮以外 特にパンチがないアイスなのに皮がこれかよ!と

割った感じ 中のアイスが溶けた形跡は無いし 内側のコーティングにむらがあるようなこともない・・・って事は 製造過程の中で何か問題があるのではないか?と思って電話をしてみました。

結果から言えば最悪の対応をされ 2度と買いません って電話を切らせて頂きました。商品の事まったく知らない素人に接客させるんじゃないよw 「もなかの皮はパリパリを売りにしてませんので・・・・」自信満々に言ってたよ  よくもまぁあんなレベルで「お客様相談室」などと名乗れますね 客の気持ちがまったく解ってない ゆすりたいわけでも 代わりをよこせだの そんな事言ってるんじゃないのに・・・また買って ちゃんとしたものを食べたいからこそ電話してるのに・・・いっそのこと相談室 私に任せて頂けませんか森永製菓さん?^^; で 気に入らなかったので本社に電話してみると

「担当部署はお客様相談室になってしまうのですが・・・」との間抜けなお言葉を頂きましてさっさと切り上げました。そこが気に入らんから本社にまで電話しとるんじゃボケ 大企業が平和ボケした日本人を作っているってのは良く解ったよ。

がしかし

やっぱり納得がいかない!ってなことで 製造元の森永デザート株式会社さんに直接電話してみる事にした

やっぱり自分とこで作ってるだけあって反応がいい!製造番号を伝えると5日前に出荷された物だと言う事も教えてくれた。ただ原因の一つとしては 温度差による内側の結露が濃厚である とも教えてくれた。 たしかに ここ数日 昼と夜の温度差は半端ないしね・・・盲点でしたね。まだまだ勉強が足りないっす。それでも製造ラインの確認はしてみます との嬉しいお答えを頂き 納得できましたーw 

森永製菓の商品は2度と買わないけど 森永デザートが製造してるなら買うことにしよう。w

ほんとどこも人財不足なんだねぇ 人は溢れてるのにねw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »